キャッシングの知識

キャッシング業者によって金利が異なるのはなぜなのか?

投稿日:

お金を借りるにあたり、「金利」は避けて通ることができない概念です。

銀行や消費者金融など、お金を借りることができるところはたくさんありますが、どこで融資を受けるにしても必ず金利が設定されており、それに応じた利息を支払う必要があります。

同じ金額を借り入れたとしても、金利が低ければそれだけ支払う利息も少なくなるというのは、多くの人の知るところですが、

 

ここで気になるのがなぜ業者によって金利の違いがあるのか、という点です。


たとえば銀行は消費者金融に比べると低金利で利用できるというイメージがありますが、なぜ銀行の方が低い金利で融資ができるのでしょうか。

 

金利を考えるうえで同時に気をつけたいのが審査です。


銀行や消費者金融が行う審査というのは、融資を行ったお金が返済されるかどうかの判断のために行われますが、この審査基準というものもそれぞれの業者によって異なります。

銀行の場合は消費者金融に比べると審査基準が厳しいというのが一般的な認識ではありますが、融資を行う段階で厳しい審査を行うことで、低金利で融資を行っても返済されないというリスクを減らすことができます。

それに対して消費者金融の場合は銀行に比べると「審査の厳しさ」という点では一歩譲るところですが、それだけ「返済されないリスク」が高くなるということでもあります。

 

そのため、返済されないリスクを一人あたりの金利を高くすることでカバーしていると考えることもできます。


もちろん消費者金融は審査を確実にしていないというわけではなく、あくまでも「銀行に比べると」審査が厳しくないということです。金利が低くなるということはお金を借りる側にとっては大きなメリットではありますが、その分利用開始までの審査も厳しくなります。

お金を借りるにあたり、どの部分を重視すべきかというのは人それぞれ異なるものですが、その後の返済を考えると低金利で借りられることに越したことはありません。

カテゴリー

-キャッシングの知識

Copyright© 学生がSMBCモビットでお金を借りる場合※申し込みにはここに注意 , 2019 All Rights Reserved.